安全で安価なエフペシアで育毛を実感

ジヒドロテストステロンというホルモンは、育ち盛りの筋肉や骨格を作ったりするには欠かせない成分だと言われています。
これは、中学生や高校生の思春期に多く分泌され、頭髪にも影響して来ます。
しかし40代くらいになると、このホルモンは低下していく傾向があります。
原因は働き盛りとの40代は、責任の重い部署で働く事が多いので、そのストレスは余り有る物と想定出来ます。
そして、ストレスを溜め込んでしまうと、インスリン様成長因子1という成分が頭頂部の脱毛を招く結果になるのです。
脱毛は父親や祖父の遺伝を受け継ぐ事もありますが、後天的要因の方が大きいという事も分かってきています。
脱毛抑止に良いのは、有酸素運動を毎日行う事です。

 

スポーツジムやジョギング、手軽に始められるウォーキングが良いかも知れません。
ですが、実際には運動をする時間がとれないというのが本音かもしれません。
そこで、日本でも男性型脱毛症を治療するという取り組みが行われ、専門のクリニックも登場してきました。
そこでAGA治療の専門医を尋ねると、一般的に出されるのがプロペシアという医薬品です。
しかし、プロペシアは保険適用外なので高い買い物になってしまいます。
そこで、エフペシアという男性型脱毛症治療の医薬品が注目を集めています。

 

エフペシアはアメリカ食品医薬品局に17年前に承認されてから、世界の60という国々の人々に使われています。
さらに日本の皮膚科の学会でも男性型脱毛症治療に適していると言われているので、安全性は高いと判断しても良いでしょう。
日本国内では発売されていませんが、海外の製薬会社が発売しているプロペシアのジェネリック医薬品で格安なフィンペシアを利用する人が多かったのです。
ところが、このフィンペシアにはキリンイエローと呼ばれるコーディング剤が使用されてされている事が問題になりました。
日本国内では食品には使用してはならないという事、そして発癌性があるのではないかという理由からエフペシアに変更する人々が現れました。
そして噂が噂を呼びエフペシアの方が安全であるという結果に辿り着いたのです。
くすりエクスプレスで販売しているこの薬の価格は、エフペシア1mgが100錠入りが3718円で、2箱では5258円で1箱当たり2629円です。
また、3箱では6578円で1箱当たりは2193円なので、フィンペシアよりは102円程安いのでコストパフォーマンス優れている事は間違いありません。
服用方法は1日1回、1mg錠を6ヶ月間欠かさずに継続して服薬する事が大切です。
出来るだけ細くても毛がある状態から治療に当たった方が、効果を発揮しやすいです。
注意点としては、この医薬品は男性ホルモンの為の薬なので女性には効果がありません。
あるいは悪影響を及ぼす可能性もあるので使わないで下さい。
発送されて来た品物の中身を家族に開封される恐れがある場合を考慮し、郵便局留めをする事も可能なので安心して利用する事が出来ます。