安くて安全な育毛剤エフペシア

最近は個人輸入を利用して医薬品を購入しているという人も多いのではないでしょうか。
日本は医薬品の承認については海外の国々と比べると基準が厳しく、値段の安いジェネリック医薬品をなかなか購入しにくいというのが実情です。
しかし、インドをはじめとする海外の国の中には積極的にジェネリック医薬品を販売しているところも見られ、同じ成分を使っていながら日本の半額以下という安い値段で購入することができます。
ただ、海外で販売されている医薬品を個人が購入して輸入するというのは結構大変な行為です。
自分で海外のショップを探して外国語で注文を出し、クレジットカードで支払いをして商品を発送してもらい、その商品の通関手続きを行うというのは多くの人にとって難関でしょう。
そこで利用したいのが個人輸入代行業者です。
医薬品の個人輸入代行業者というとくすりエクスプレスがよく知られていますが、こういった業者では自分の欲しい医薬品の注文を請け負ってくれるので、自分でわざわざ外国語の注文書を翻訳する必要もありませんし、通関手続きを行う必要もありません。
そういった面倒なことはすべて業者任せで、自分の欲しい医薬品を購入することができるのです。
なお、国内で承認を受けていない医薬品を購入するのは法律違反ではないかと考えている人も多いですが、そんなことはありません。
業者が未承認薬を仕入れて国内で販売すれば法律に違反しますが、実際に販売されている国で購入して、それを輸入するだけならば問題はありません。
海外から個人輸入される医薬品としてもっとも一般的なのが育毛剤です。
中でもフィナステリドを有効成分とする育毛剤は多くの国からその効果を認められていて、日本でも当然承認されています。
ただし、日本国内ではフィナステリドを主成分とする育毛剤はプロペシアしか認められていません。
プロペシアは先行医薬品として長く臨床試験が行われてきたため安全性については間違いがありませんが、その分値段が高いという欠点もあります。
育毛剤は長い期間使い続けるタイプの医薬品なので、経済的な負担が大きいのは問題となります。
値段が安い医薬品というとジェネリックが思い浮かびますが、先程も言ったように日本ではプロペシアしか承認されていないため、プロペシアのジェネリックを購入することはできません。

そこで、多くの人が個人輸入代行業者を介してジェネリックを購入しているのです。
プロペシアのジェネリックというとフィンペシアがよく知られていますが、フィンペシアに使われていた着色料から発がん性物質が見つかったことから、最近では同じジェネリックでもエフペシアが人気となっています。
なお、現在流通している新しいフィンペシアには別の着色料が使われるようになったため、安全性に問題はなくなっています。
さてエフペシアですが、こちらもフィンペシアと同じインドの製薬会社シプラ社が製造開発を行っている育毛剤となります。
どちらもプロペシアのジェネリックということで使われている成分にほとんど違いはありませんが、エフペシアのほうが後発となるためより安全性が高く、より安い値段で流通しています。
経済的な負担を少しでも減らしたいという人にとっては非常に魅力的な育毛剤といえるでしょう。